第17回 業績の伝え方のルール~決算書と社長の言葉で自社を語ろう!


平成25年3月31日をもって中小企業金融円滑化法が終了することが決定し、多くの中小企業にとって厳しい融資環境が続くものと予想されます。 

中小企業の資金調達をめぐる環境が変化する中、融資に関しては今まで以上に、経営者自身が決算書を読み解き、数字を基に自社の現状や展望を語る必要があります。

経営者自身の分析力や説明力が融資のカギを握り、経営者の自助努力が必要になってくるでしょう。

今回は「金融機関が知りたい情報を 経営者が的確に伝えるための留意点」を中心にお話ししました。


日 時:平成25年4月17日(水) 18:30~20:000

場 所:ハートピア京都

    (地下鉄烏丸線 丸太町駅5番出口すぐ)

    京都市中京区竹屋町通烏丸東入る   

電 話:075-222-1777

講 師:税理士 安井伸夫

0コメント

  • 1000 / 1000